格安で国際電話をかける方法を紹介!

格安国際電話マスター

格安国際電話ブログ

日本から海外への国際電話の国別利用時間ランキング

投稿日:

どの国に対する国際電話が最も利用されるのでしょうか。こちらについて、今回は調べてみました。

 

全体の流れ

日本全体として、国際電話の利用は減ってきています。もちろん人口減による単純な母体数の減少も影響しますが、それにしても国際電話の利用はかなりの勢いで減っています。

 

日本から最も利用される国際電話発信先の国は?

発信時間の対地別シェアの推移をみると、中国への発信シェアが最大のシェアを示しています。

【ランキング】(横の数字は、パーセンテージを表しています。)

1.中国  22.77

2.米国 本土 13.03

3.フィリピン 12.18

4.韓国 6.29

5.タイ 5.02

6.台湾 3.77

7.香港 3.39

8.ブラジル 2.47

9.ベトナム 2.35

10.インドネシア 2.25

11.カンボジア 2.20

12.シンガポール 2.11

13.ネパール

14.マカオ

15.英国

ソース元:総務省-- 通信量からみた我が国の音声通信利用状況(年度)

 

年々、アジアへの国際電話が多くなっているようで、前年度には、英国、オーストラリアがもっと上位にいたのですが、今回はオーストラリアは除外、英国は15位に落ちていますね。

 

TELINK

アドセンス

格安国際電話サービスおすすめランキング

合計10社ほどのサービスの中から、 「本当に得かどうか」などを基準に、当サイトおすすめのサービスをランキングにしました。 詳細は→格安国際電話ランキング!一番安いサービスは?【料金比較表つき】

 

【1位】TELINK国際電話サービス

「世界18カ国1分1円国際電話」

が固定電話でもケータイでも出来るというのがポイントで、当サイトが自信を持って最もオススメ出来るサービスです。ちなみに、3分で無料登録できて、使わなければ支払いは一切発生しないので、とりあえず登録しておくのが賢い選択といえます。

【対応18ヶ国一覧】
・アメリカ、カナダ
・中国、台湾、香港、シンガポール
・ブラジル、アルゼンチン
・ノルウェー、デンマーク、ロシア
・イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、スイス、アイルランド

【2位】VIVAPLUS

料金は、アメリカへの電話の例で

・固定から1分8円

・ケータイから1分24円

です。
ここで注目すべきは、総額で、1分8円(固定電話)というところです。固定電話でアメリカにしか電話しない方には、こちらがオススメです。

同サービスの中では、もちろん安い部類に入りますが、Telinkほどではないです。

【3位】G-CALL

アメリカへの国際電話料金は29円/分と、比較的やや安いので、格安国際電話サービスに入れました。

ただ、G-CALLは、国際電話というよりも国内通話を安くするサービスを全面に押し出しているので、そちらが強みだと思います。

なので、国内通話を安くしたい方はぜひご検討されると良いと思います。国際電話は、まあ国内通話と同じ会社にしていのであれば、十分安いので良いんじゃないでしょうか。

(とはいえ、結構国際電話使うよ、という方にはおすすめ出来ません。)

-格安国際電話ブログ

Copyright© 格安国際電話マスター , 2017 AllRights Reserved.