格安で国際電話をかける方法を紹介!

格安国際電話マスター

格安国際電話サービス比較ランキング【2017】

電話を書ける女性

「とにかく国際電話を格安でかけたい」

「格安国際電話サービスが良いと言っても、どれを選んでいいかわからない」

という方のために、

格安国際電話サービス徹底比較し、ランキングにしました!

格安国際電話サービスとは?

そもそも、格安国際電話サービスは、

通常とは異なるアプローチで国際電話が出来るサービスです。

通常、国際電話をかける際は、自分が契約している通信会社(NTTdocomo, SoftBank, au)によって異なる国際電話の料金プランで電話をかけますが、非常に高い料金が請求されてしまいます。10分で1000円程度は軽く行くでしょう。

格安国際電話サービスは、いま契約している通信会社は全く関係無く、国際電話用として契約できるサービスで、何より格安な料金が特徴です。

 

料金比較表:料金は平均して1/3になる!

驚く女子の画像

どれくらい安いのかをお伝えするために、料金を比較した表をつくりました。

  • 大手通信会社のサービス(docomo,au,softbank)
  • 有名な格安国際電話サービス (Telink,VIVAPLUS,G-CALL,メディアコールズ)

を料金で比較しました。

(1分間の料金総額) docomo au softbank Telink VIVAPLUS G-CALL メディアコールズ
ケータイ→ケータイ  68円 44円  78円 21円  24円  29円  23円
ケータイ→固定 68円  44円 78円 21円 24円 29円 23円
固定→ケータイ  - -  - 4円 8円 8円 -
固定→固定 -  - - 4円 8円 8円 -

ご覧のように、格安国際電話サービスを利用すれば、平均で1/3ほどの料金に減らすことができます。特に、Telinkという会社が目立って安いです。

ここでは、アメリカ本土への国際電話を例にしていますが、例えばイギリスにかける場合は、平均で1/10の料金で国際電話がかけられます。ヨーロッパへの国際電話は特に、オトクになる傾向があります。

※平日12:00にアメリカ本土への国際電話をしたときの料金です。

※国内の転送センターを介すサービスでは、国内通話料を20円(ケータイから)、3円(固定電話から)で計算しています。

※G-CALLには固定電話から国際電話をかける際、2つプランがあるので、ここではG-CALL2という新しいプランを選択しました。

 

 

音質は大丈夫?

安いから、音質が悪いんじゃないか、と懸念される方も多いでしょうが、大丈夫です。安心してください。

格安国際電話サービスは、docomo等の通常の電話と同じ電話回線を利用していますから、同じ音質で電話ができるということです。→高音質で国際電話ができるということです。

 

それでは、ここからは格安国際電話サービスを調査・比較し、

最もコスパが良い順に並べた結果をランキングとして紹介します。

【厳選】格安国際電話サービスランキング!

【1位】Telink(テリンク)国際電話 ★★★★★

telink%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af

「世界18カ国1分1円国際電話」
が固定電話でもケータイでも出来るというのがポイントで、当サイトが自信を持って最もオススメ出来るサービスです。

※注意※ 正確には「国内通話料金+1分1円」です。国内通話料は1分20円が基本ですから、総額21円/分ということになります。それでも他社よりも抜群に格安です。

ちなみに、3分で無料登録できて、使わなければ支払いは一切発生しないので、とりあえず登録しておくのが賢い選択といえます。

【対応18ヶ国一覧】
・アメリカ、カナダ
・中国、台湾、香港、シンガポール
・ブラジル、アルゼンチン
・ノルウェー、デンマーク、ロシア
・イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、スイス、アイルランド

以上の国には、1分1円がサービス料です。

※他国に対しても、1分2円とか1分3円とかなので、非常に安いです。詳細は、以下のリンクを参考にしてください。

 

【無料登録なら】


Telink公式サイトで無料登録!

 

【参考コンテンツ】
Telinkとは?3つのポイントでおさえる

Telinkの評判・口コミまとめ

 

【2位】VIVAPLUS ★★★☆☆

料金は、アメリカへの電話の例で

・固定から1分8円

・ケータイから1分24円

です。
ここで注目すべきは、総額で、1分8円(固定電話)というところです。固定電話でアメリカにしか電話しない方には、こちらがオススメです。

同サービスの中では、もちろん安い部類に入りますが、Telinkほどではないです。

【登録なら】

VIBAPLUS公式サイトで登録

【3位】G-CALL ★★★☆☆

アメリカへの国際電話料金は29円/分と、比較的やや安いので、格安国際電話サービスに入れました。

ただ、G-CALLは、国際電話というよりも国内通話を安くするサービスを全面に押し出しているので、そちらが強みだと思います。

なので、国内通話を安くしたい方はぜひご検討されると良いと思います。国際電話は、まあ国内通話と同じ会社にしていのであれば、十分安いので良いんじゃないでしょうか。

(とはいえ、結構国際電話使うよ、という方にはおすすめ出来ません。)

 

【登録なら】

公式サイトはこちら→G-Call

 

【4位】メディアコールズ ★★☆☆☆

CM付き0円国際電話
がウリのサービス。
要は、無料で国際電話かけさせてあげるから、20秒間はCM見てね。ということですが、

実はここに落とし穴が。。。
メディアコールズでは、国内通話料が一律1分23円(税別)かかります。
(Telinkなどでは、自身が契約している通話料と同じ料金がかかります。)

Telink同様、まず国内の転送センターに電話をかけ、そこから海外へ転送してもらう仕組みなので、国内通話料のみはかかります。ただ、Telinkよりも国内通話料が高いケースも往々にしてあるため、

CMを聴くにもかかわらず、Telinkと大差がありません。。。

 

【登録なら】

メディアコールズ公式サイト

 

【まとめ】Telinkが最もコスパが高い

いかがでしたでしょうか。

とにかくTelinkは安いのでオススメです。ちなみに、音質ですが、Telinkが使用しているのはNTTやKDDIと同じ回線だからこそ、音質は最高レベルになるんです。

 

Telink公式サイトにて、サービスの詳細の確認や無料登録ができます。(このページには、アプリが紹介されていますが、安く国際電話できるのは、アプリではないので注意してください!)
実は、無料登録してから、利用しないということも可能です。利用しないかぎりは料金が発生しないので、登録しておく、ということも出来るんです。
今後も、新たな情報が入り次第、この記事は更新してまいりますので、ぜひご参考にください。

telink

アドセンス

更新日:

Copyright© 格安国際電話マスター , 2017 AllRights Reserved.