アメリカに国際電話を格安料金でかける方法

国際電話の高すぎる料金でお困りではありませんか??
実は、「国際電話は高い」という常識は遠い昔の話になりました。
たとえば、
Telinkというサービスを利用すれば、アメリカへの国際電話は

  • 基本料無料
  • 3分の無料登録でスグに電話ができる
  • 国内通話+10円の格安料金
  • 高音質

でかけることが出来ます。

アメリカに国際電話をかける3つの方法

通常、アメリカに国際電話をかける方法は主に以下のような3つになります。

  1. すでに契約している通信会社を利用する方法
  2. LINEなどを利用する方法
  3. Telink(格安国際電話サービスを利用する方法←オススメ

以上の3つについて、詳しく説明します。

「長い説明は要らない!早く良いサービス教えて!」という方は、Telink国際電話というサービスを利用すれば、格安かつ高音質で、アメリカに電話できます。 Telinkとは?料金・音質などを3つのポイントで押さえるをご覧ください。

1.すでに契約している通信会社を利用する方法

多くの人が行なっている方法がこちらです。
こちらは、調べてみると分かる通り、高いです。
Telink国際電話というサービスを利用するよりも5倍の料金がかかりますね。
基本的に、どの通信会社を利用していても、アメリカへの国際電話は1分60円が相場です。

■通信会社別のアメリカへの国際電話のかけ方
国際電話は、「通信会社の番号)+(識別番号)+(国番号)+(電話番号)」でかけることができます。

電話会社の番号(アクセスコード) ※1 国際電話 識別番号 国番号 電話番号
001 (KDDI) 0033 (NTTコミュニケーションズ) 0061 (ソフトバンクテレコム) + 010 + + ※最初の0は取る

※1 固定電話でマイラインを登録している場合は、電話会社の番号は不要です。
※携帯電話(スマホ)でドコモ・au・ソフトバンクの方は、「010+1+電話番号」でかけられます。

■料金

人によって様々な通信会社と契約されているかと思いますが、
基本的には料金はほぼ同じですね。言うなれば、auが比較的安いです。
アメリカへの国際電話料金は、1分60円が大体の相場です。
10分話すだけでも600円
かかることになります。 しかし、以下より紹介するような方法であれば、一気に料金は変わります。

2.LINEなどを利用する方法

LINE通話、Skype、カカオトークなどを利用すれば、海外だろうが国内だろうが、最悪の音質ではありますが、
パケット(データ)通信料のみで電話が出来ます。ただ、データ通信量がバカにならないので、実質、もしかすると安くはならない可能性もあります。
電話するのが3分間程度であれば問題ありませんが、10分以上になってくると、以下で紹介する格安サービスを利用することをおすすめします。

3.Telinkを利用して1分13円の格安料金でアメリカに電話をかける方法

実質、「Telink国際電話」を利用するのが最も安くオトクに国際電話をかける方法となります。

料金比較表

会社 料金(平日昼) 音質
docomo 68円/分 高音質
au 40円/分 高音質
softbank 78円/分 高音質
Telink(固定電話) 13円/分 高音質
Telink(ケータイ) 30円/分 高音質

※Telinkの料金は、(海外接続料金)+(国内接続料金)で支払います。つまり、アメリカの場合、↓のようになります。
・海外接続料金:1分10円→Telinkに支払います
・国内接続料金:1分約3円(固定電話から)・1分約20円(ケータイから)→あなたが契約している通信会社に支払います。

<1分10円の28ヶ国一覧>

アメリカ、カナダ、メキシコ、プエルトリコ、アルゼンチン
・中国、台湾、韓国、シンガポール、インド、モンゴル、オーストラリア
・イスラエル、クウェート
・イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、アイスランド、ハンガリー、ルーマニア、ルクセンブルク

格安の理由とは?

大手通信会社の電話回線を利用しているからです。
大手通信会社(NTTやKDDI)が持っている電話回線は、回線が大きすぎて、空きがあるんです。
その空いた分の回線を、NTTやKDDIは回線をかなり安く提供しているんです。
Telinkはそれを利用して、格安での国際電話サービスを提供しているのです。

高音質が可能な理由とは?

格安なうえに、高音質にできる理由は、
大手通信会社と同じ回線を利用しているからです。
大手通信会社は、他の企業にも自分たちの回線を使わせていると述べましたが、
Telinkはそれを利用することで、 格安高音質を両立させているのです。

Telinkの利用方法

Telinkで国際電話をかけるには、以下の3ステップが必要となります。

  1. 無料登録(オンライン登録のため24時間可能)
  2. 国内アクセスポイント(転送センター)に電話
  3. かけたい国・電話番号を伝える

これによって、海外と電話がつながります。

スグに電話をかけられます

Telinkでは、他社のような面倒な手続き・登録はありません!
最短3分でオンライン登録するだけ。
5分もかからず、格安料金での国際電話が可能になります。
利用しなければ、一切料金は発生しないので、
とりあえず登録しておくのがベストかと思います。私も含め、多くの方がそうしています。 →Telink-テリンク-公式サイトはこちら←

アメリカの基本情報

国番号

アメリカの国番号(国際電話番号)は、“1”です。お間違えの無いようにかけてください。

公用語

アメリカの公用語は“英語”です。

首都

アメリカの首都は“コロンビア特別区(ワシントンD.C.)”です。

面積

アメリカの面積は“9,628,000km2(4位)”です。

人口

アメリカの人口は“327,830,000人(3位)”です。

通貨

アメリカの通貨は“ドル(USD)”です。

祝日一覧

アメリカの祝日(2020年版)

日付 曜日
1月1日 水曜 新年 New Year’s Day
1月20日 月曜 キング牧師誕生日 Birthday of Martin Luther King, Jr.
2月17日 月曜 ワシントン誕生日(大統領記念日) Washington’s Birthday(President’s Day)
5月25日 月曜 戦没将兵追悼記念日 Memorial Day
7月4日 土曜 独立記念日 Independence Day
9月7日 月曜 労働者の日 Labor Day
10月12日 月曜 コロンバス・デー Columbus Day
11月11日 水曜 退役軍人の日 Veterans Day
11月26日 木曜 感謝祭 Thanksgiving Day
12月25日 金曜 クリスマス Christmas Day

※↑は、2020年5月13日に調べたものです。年によって変動する可能性があるため、最新の情報はJETRO公式サイトをご覧ください。

時差

アメリカの時差は、地域によって異なりますので、ここでは、主要な地域別で紹介します。

  • ロサンゼルス(西海岸)

日本とロサンゼルスとの時差は、日本のー17時間(サマータイムはー16時間)です。

  • ニューヨーク(東海岸)

日本とニューヨークとの時差は、日本のー14時間(サマータイムはー13時間)です。

まとめ

いかがだったでしょうか。上記のように、アメリカへの国際電話は、格安国際電話サービスを利用されるのが一番だと思います。電話されるときは、↑の基本情報を見ながら、祝日でないか、今は現地時間で何時なのか、など気を付けることを注意しながら電話をかけることをおすすめします。

→Telink-テリンク-公式サイトはこちら←

【おすすめ記事】

Telinkとは?料金・音質などを3つのポイントで押さえる

3分で読めるTelinkの口コミ・評価総まとめ

Telinkを利用するメリットとデメリット