格安で国際電話をかける方法を紹介!

格安国際電話マスター

Telink

国際電話Telinkが安すぎて怖い件について!(笑)

投稿日:

当サイトが推しているTelinkですが、

ネットでは「安すぎ」「怖い」「怪しい」なんて声を聞きます。

たしかに、Telinkは他社のサービスに比べてバツグンに安いです。

でも、ここはビジネスの勉強をしましょう。

なぜTelinkは安すぎるのか?

結論から言うと、Telinkの国際電話サービスは「フリー」というビジネスモデルだからだと思っています。

おそらく、しっかり別の所で儲けている会社です。

 

例えば、スマホアプリなんかは全部そうですね。パズドラ(課金ゲーム)を考えてみてください。

 

1.最初に圧倒的に安く(最悪、無料)して、まず集客するのです。

2.自分の顧客になってから、もっと高い商品を案内するんです。そのほうが、最初から高く売るよりも買ってもらえる率が上がります。

 

国際電話サービスは赤字なんじゃないか?

とも思っています。

そもそもスマホアプリを無料で出すことは、それだけでは赤字です。

でも、

・広告を表示

・プレミアムプランで300円/月課金

したりすることで、

トントンどころか、莫大な収益を上げたりするわけです。これはとてもおもしろいモデルと言えます。

 

Telinkは、それをやってるんだと思います。Telinkには、2つのメイン事業があります。

1.国際電話サービス

2.スマホの通話アプリ

の2つ。

1の国際電話サービスは赤字だとしても、そのうちの10%が

2のスマホアプリをDLし、利用してくれれば相当儲かると思います。

ちなみに、国内通話アプリもかなり安いので、黒字になるんだろうか、なんて思いますが。。。(笑)

 

 

まとめ

Telinkは国際電話サービスで集客し、そのうちの10%にアプリをDLしてもらい、そこから儲けています。

そのため、「フリー」というビジネスモデルに該当すると思われます。

 

ご精読ありがとうございました。

→Telink-テリンク-公式サイトはこちら←

TELINK

格安国際電話サービスおすすめランキング

合計10社ほどのサービスの中から、 「本当に得かどうか」などを基準に、当サイトおすすめのサービスをランキングにしました。 詳細は→格安国際電話ランキング!一番安いサービスは?【料金比較表つき】

 

【1位】TELINK国際電話サービス

「世界18カ国1分1円国際電話」

が固定電話でもケータイでも出来るというのがポイントで、当サイトが自信を持って最もオススメ出来るサービスです。ちなみに、3分で無料登録できて、使わなければ支払いは一切発生しないので、とりあえず登録しておくのが賢い選択といえます。

【対応18ヶ国一覧】
・アメリカ、カナダ
・中国、台湾、香港、シンガポール
・ブラジル、アルゼンチン
・ノルウェー、デンマーク、ロシア
・イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、スイス、アイルランド

【2位】VIVAPLUS

料金は、アメリカへの電話の例で

・固定から1分8円

・ケータイから1分24円

です。
ここで注目すべきは、総額で、1分8円(固定電話)というところです。固定電話でアメリカにしか電話しない方には、こちらがオススメです。

同サービスの中では、もちろん安い部類に入りますが、Telinkほどではないです。

【3位】G-CALL

アメリカへの国際電話料金は29円/分と、比較的やや安いので、格安国際電話サービスに入れました。

ただ、G-CALLは、国際電話というよりも国内通話を安くするサービスを全面に押し出しているので、そちらが強みだと思います。

なので、国内通話を安くしたい方はぜひご検討されると良いと思います。国際電話は、まあ国内通話と同じ会社にしていのであれば、十分安いので良いんじゃないでしょうか。

(とはいえ、結構国際電話使うよ、という方にはおすすめ出来ません。)

-Telink

Copyright© 格安国際電話マスター , 2017 AllRights Reserved.