当サイトが推しているTelinkですが、

ネットでは「安すぎ」「怖い」「怪しい」なんて声を聞きます。

たしかに、Telinkは他社のサービスに比べてバツグンに安いです。

でも、ここはビジネスの勉強をしましょう。

なぜTelinkは安すぎるのか?

結論から言うと、Telinkの国際電話サービスは「フリー」というビジネスモデルだからだと思っています。

おそらく、しっかり別の所で儲けている会社です。

 

例えば、スマホアプリなんかは全部そうですね。パズドラ(課金ゲーム)を考えてみてください。

 

1.最初に圧倒的に安く(最悪、無料)して、まず集客するのです。

2.自分の顧客になってから、もっと高い商品を案内するんです。そのほうが、最初から高く売るよりも買ってもらえる率が上がります。

 

国際電話サービスは赤字なんじゃないか?

とも思っています。

そもそもスマホアプリを無料で出すことは、それだけでは赤字です。

でも、

・広告を表示

・プレミアムプランで300円/月課金

したりすることで、

トントンどころか、莫大な収益を上げたりするわけです。これはとてもおもしろいモデルと言えます。

 

Telinkは、それをやってるんだと思います。Telinkには、2つのメイン事業があります。

1.国際電話サービス

2.スマホの通話アプリ

の2つ。

1の国際電話サービスは赤字だとしても、そのうちの10%が

2のスマホアプリをDLし、利用してくれれば相当儲かると思います。

ちなみに、国内通話アプリもかなり安いので、黒字になるんだろうか、なんて思いますが。。。(笑)

 

 

まとめ

Telinkは国際電話サービスで集客し、そのうちの10%にアプリをDLしてもらい、そこから儲けています。

そのため、「フリー」というビジネスモデルに該当すると思われます。

 

ご精読ありがとうございました。

→Telink-テリンク-公式サイトはこちら←